歯を失った方へ

歯を失ってしまったら

虫歯や歯周病の悪化、もしくはお口周りの怪我などで、歯を失ってしまうことがあります。そんなときには、噛む機能をできるだけ取り戻し、かつ快適で目立たない治療をしていくことが重要です。歯が足りていない状態で放置していると、隣の歯が倒れてきて、お口の中全体のバランスが崩れてしまいますので、必ず早めに治療を受けるようにしましょう。

入れ歯

失った歯を補うための方法として、最も広く普及しているのが入れ歯(義歯)です。当院では、個人トレーをお作りして、違和感なくお使い頂けるまでしっかりと調整しながら製作しますので、今使っている入れ歯に満足していない方も、ぜひご相談にいらして頂ければと思います。

ノンクラスプデンチャー

入れ歯にはいくつかの種類があり、その中でも特にお勧めなのがノンクラスプデンチャーです。この入れ歯は金属のバネを使っていないため、歯を開けたときに入れ歯を使っていることが分かりにくいというメリットがあります。また、柔らかい素材で作られていますので、お口の中の違和感や痛みも出にくい傾向にあります。

ブリッジ

ブリッジは、歯を失った箇所の両側に残っている歯を使い、橋をかけるようにして人工の歯を取り付ける治療方法です。支えにする歯には負担をかけてしまうことになりますが、入れ歯よりしっかりと噛むことができ、違和感もほとんどありません。なお、支えにする歯に既に詰め物が入っている場合は、その穴を利用してジルコニアでインレーブリッジをお作りすることもできます。通常は歯を削って被せ物のブリッジを取り付けるのですが、インレーブリッジであれば、歯を大きく削る必要はありません。ただし適応症例が限られていますので、まずはご相談頂ければと思います。

インプラント

インプラントは、歯を支えていた骨に人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療方法です。しっかりと噛むことができる、目立たない、違和感がないなどのメリットがありますが、やはり適切なメンテナンスが続けられる人でないとお勧めはできません。当院では、むやみにインプラントをお勧めすることはせず、患者さんのメンテナンスの状態や生活習慣などを考慮して、適切な治療方法を提案させて頂くようにしています。

side_inq.png