小児歯科

できるだけ速く、少ない回数で、治療を終わらせます

長い時間お口を開け続けたり、何度も通ったりする必要があると、最後まで治療を続けられなくなってしまうお子さんもいます。当院の院長は、小児歯科診療を中心に行っていた歯科医院で勤務していた経験があるため、小さなお子さんの治療には慣れており、できるだけ短い時間で、かつ通院回数も少なくなるように治療を進めていくようにしています。

大人になっても、歯医者さんに通い続けるように

定期的に歯科医院での予防を受け、何かあれば初期段階で治療を行う。そういった理想的な状態を作っていくためには、小さい頃に「歯医者さん嫌い」にさせてしまわないことが重要です。そのため、当院では怖がっているお子さんに対しては、無理やり押さえつけて治療をするようなことはせず、少しずつトレーニングをしながら慣れていってもらうようにしています。また、必要に応じて笑気麻酔を使用することもあります。

お母さんへの丁寧な説明

お子さんの歯がどのような状態なのか、どんな治療を受けたのかは、お母さんにしっかりと説明をさせて頂きます。また、ある程度の年齢になると、お子さんが一人でお越しになることもありますが、そういった場合でも、できるだけお電話で親御さんに説明をしたり、紙に書いてお子さんに持ち帰ってもらったりしています。

院内にはキッズスペースがあります

当院の待合室にはキッズスペースがありますので、小さなお子さん連れの方も安心です。ぜひ一緒に「歯医者さんは痛いことをするところではない」という意識を育てていって頂ければと思います。

お子さんも3ヶ月に1回の予防を忘れずに

乳歯は柔らかく虫歯が進行しやすいため、たった半年でも驚くほど歯の状態が悪化してしまっていることがあります。また、永久歯への生え替わりもあるため、お口の中の状態をこま目にチェックしておくことが重要です。当院では、フッ素塗布やシーラントなどの各種予防処置も行っていますので、3ヶ月に1回はお子さんの歯の予防でお越しください。

side_inq.png