スタッフブログ

2015.03.06更新

4月3日(金曜日)、矯正日になっております。                     

 

歯並びで気になることがあればご相談ください。子供も、大人も相談料は無料です。

 

当院の特徴                              

 

efwe

 erg

矯正装置がついている間は歯に汚れが溜まりやすく、虫歯や歯周病になりやすくなります。しかし、矯正歯科の専門医院では虫歯の治療を行っていないところも多く、虫歯ができたら別の病院にも通わなくてはいけない場合があります。
当院では、矯正治療担当医と一般歯科治療担当医が連携しながら治療を進めていくので、お手間も生じず、安心して矯正治療を受けていただけます。
矯正治療をしながら虫歯のチェックを行い、綺麗な歯・美しい歯並び・しっかりとしたかみ合わせを手に入れましょう。

 

 

ml

矯正治療は、通常の虫歯治療よりも費用や時間がかかります。そのため、専門知識、高い治療技術を必要とします。
当院では経験豊富な歯科医師が、責任を持って対応いたします。

mj

 

 

tre

長く安心して治療を続けていただけるよう、しっかりと治療の流れや費用を説明いたします。患者様のお話を聞きながら、患者様の抱えているお悩みを引き出し、解決をするためのご提案をさせていただきます。満足できる治療結果のためには、ここでしっかりとお話をすることが大切です。どんな些細なことも遠慮なさらずお話しください。

hy

 

 

mj

お子様にも大人の方にも安心して受診していただけるよう、様々な治療方法をご用意しています。お子様には歯や顎の成長に合わせた治療を、大人の方にはニーズに合わせた治療方法のご提案を行っています。

 kj

 

投稿者: タカノ歯科医院

2015.03.06更新

t

vf

歯並びやお口の状態、患者様のご希望・ご質問などをお伺いします。お口の中を見せていただいたあと、今後の治療の流れや、治療期間、治療費用等についてしっかりと説明させていただきます。

 

 

 w

fd

 

2治療計画を立てるために、精密検査を行います。顎や歯の状態を確認するためにレントゲン撮影を行います

 

 

 q

 

asda

3検査結果をもとに、治療の方針をご説明いたします。

 

 

 m

az

4治療計画に基づき、矯正装置を装着します。定期的に来院していただき、装置の調整を行います。歯に取り付けた矯正装置に合わせて歯磨き指導やクリーニングを行い、虫歯や歯周病を予防しながら治療を進めます。

 

e

l

装置を外したばかりの歯は、元の位置に戻ろうとしてしまいます。そのため、保定装置(リテーナー)と呼ばれる装置を用いて、綺麗になった歯並びを安定させます。

 

 

投稿者: タカノ歯科医院

2015.03.06更新

 a

昔より最も浸透している、金属製の矯正装置です。値段も安く効果も高いため、見た目があまりよくないという短所がありますが、多くの患者様がメタルプラケットを選択されます。

o

 

 

b

見た目を重視される患者様にご選択いただくことが多く、セラミックや樹脂製の歯の白い色に近いという長所があります。
メタルプラケットよりも、費用が高くなる分、矯正装置の見た目を気にすることなく、矯正治療にあたれると人気です。

 

m

 

 

c

人から見えない、歯の裏側にワイヤーを取り付け矯正するので、見た目もすっきりしています。

 k

 

c

外から見て、ワイヤーを使わない矯正方法のため、非常に目立ちにくいという特徴があります。
取り外しのできる、お手入れ簡単な透明タイプのマウスピースの形状の矯正装置を使用します。

r

 

d

 

治療時間も今までの矯正治療の半分程で、インプラントやミニインプラントを用いて、歯を正しい位置に移動する治療です。

治療時間も短く、良い結果となることが多いと言われています。

 e

 

投稿者: タカノ歯科医院

2015.03.06更新

 

takano4

 

「矯正治療は子供のもの?」というイメージを抱いている方も多いかと思いますが、近年、大人の方でも矯正治療を希望される方が増えてきています。
現代では矯正治療の技術も進歩しておりますので、矯正治療に年齢制限はございません。
何歳から始めても、決して遅くはありません。「もう一生歯並びは直せない」と思い込んでしまっていませんか? まずは一度ご相談ください。

 

takano6

 

takano5

お子様の矯正治療は、体の成長・発育と大きく関わっているのが特徴です。
そのため矯正治療もお子様の成長に合わせて行い、歯や顎のバランスを整えていきながら治療を行います。顎の成長が完了してしまった大人と異なり、大切な永久歯をなるべく抜かずに治療を進めることができます。
しかし、早い時期に治療を始めさえすればよいというわけではありません。お子様の歯並びやお口の状態によっては、永久歯に全て生え変わってから治療を始めたほうが良いケースもあります。大切なのは、「早期受診」をして、適切な時期を見極めてから治療を進めることです。
丈夫で綺麗な歯は、お子様への最高のプレゼント。お子様の矯正治療も、当院にお任せください。

投稿者: タカノ歯科医院

2015.03.06更新

歯科の医療費控除とは?

医療費控除とは、自分や家族のために医療費を支払った場合、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。

 

治療にかかった費用は医療費控除の対象になります。医療費控除は医療費の負担を軽減するために設けられた制度で、一年間に10万円以上の医療費が必要になった場合に所得税の一部が戻ってきます。


本人及び生計を同じにする配偶者その他親族の医療費(毎年1月1日から12月31日までの分)を支払った場合には翌年の3月15日までに申告すると医療費控除が適用され税金が還付または軽減されます。


ただし、年間お支払いになった医療費が10万円以上でなければ対象となりません。(申告額は200万円が限度です)所得金額合計が200万円までの方は所得額の5%以上医療費がかかった場合に申告できます。

 

投稿者: タカノ歯科医院

2015.03.06更新

控除される金額は下記の計算額になります。

 

takano1

 

 

所得税率は所得が多いほど高くなりますので、高額所得者ほど還付金は多くなります。

 

詳しくは国税庁のホームページへ

投稿者: タカノ歯科医院

2015.03.06更新

・医師、歯科医師に支払った診療費、治療費

・治療の為の医薬品購入費

・通院、入院の為に通常必要な交通費(電車賃、バス代、タクシー代等)

・治療の為に、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師による治療を受けた際の施術費

・その他

投稿者: タカノ歯科医院

2015.03.06更新

・確定(還付)申告書(給与所得者は源泉徴収票)
・領収書(コピーは×)
・印鑑、銀行等の通帳


*確定(還付)申告書は地元の税務署においてあります。
*申告期間は翌年の2月16日から3月15日の間です。ただしサラリーマンの方の還付は1月以降受理されます。

投稿者: タカノ歯科医院

side_inq.png